後遺症・後遺障害のお悩みで接骨院への通院を考えている方へ

交→後
交→後

後遺症・後遺障害とは

事故後の痛みが身体に残る場合

後遺症とは、むちうちやケガをしてしばらくの期間が過ぎ、通院を終えた後にも痛み・違和感が残ってしまうことをいいます。

 

違和感・動かしにくさが残る場合

動かしたときの違和感、可動域が狭まり、交通事故によるむちうちやケガをする前のように動かせなくなる場合もあります。以前できていたことができなくなるなど、仕事・日常生活において大きな影響がでます。

 

 

後遺症・後遺障害を残さないためには

 早期通院・改善が大切

 後遺症を残さないようにするためには、早い段階でむちうち・ケガにしっかりと対応するということが大切です。

 痛みや違和感を感じたら、できるだけ早く適切な施術を受けることが大切です。

 むちうちが後遺症として残ることもあります

 むちうちが、後遺症として残ってしまうことがあります。

痛み・違和感が残ってしまうと、様々な影響が考えられますので、しっかりと改善することが大切です。むちうちは交通事故により発生しやすいものなので、注意が必要です。

 

PageTop